長嶋終身名誉監督が米国の子供は「英語がうまい」と驚いた

公開日: 更新日:

 大リーグはワールドシリーズが終わり、オフシーズンに入った。

 これからの注目はFA選手の動向、トレード、監督人事などだ。その中には来季、大リーグ挑戦の意向を持つ日本人選手も含まれる。菅野智之巨人)、千賀滉大ソフトバンク)、有原航平(日ハム)らだ。

 アメリカで活躍するには実力だけでなく、環境に慣れることも大事だ。英語が話せれば大きな武器となる。

 選手によっては通訳が付くものの、すべてが解決するわけではない。

 例えば、前田健太(ツインズ)はドジャース時代、ピンチになると捕手がしばしばマウンドに足を運ぶ姿が見られた。その際、捕手の腕には「落ち着いて」「頑張って」などと日本語で書かれた布が巻いてあった。英語でアレコレ言っても前田には理解できない。それを見て片言の日本語で前田を励ましていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る