森保Jメキシコに完敗…日本の“アキレス腱”改めて浮き彫り

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍によって森保ジャパンの今年4試合目にして最後の強化試合・メキシコ戦が遠征先のオーストリアで行われた(日本時間18日午前5時キックオフ)。試合結果は0―2でメキシコの完勝に終わり、改めて日本サッカーのアキレス腱が浮き彫りとなった。 

 前半12分の左サイドMF原口のシュートで試合の流れを引き寄せ、同15分には先発1トップのFW鈴木がGKと1対1のチャンス。誰もが先制点と思った瞬間、シュートはGKの右足セーブに止められてしまった。

 その後も右サイドMF伊東やボランチ柴崎らが積極的にシュートを放つが、結局は無得点でハーフタイムを迎えた。

「点取り屋不在が続いているが、鈴木に関しては<ポストプレーで足元がおぼつかない>という欠点を抱えている。ならば日々の猛練習で克服すべき。トラップの際に半身になったり、右足アウトを使ったり、そういった創意工夫も大切。前半に鈴木がゴールを決めていたら、勝利は日本に転がっていた。日本のFW陣には、一層の自己鍛錬を望みたい」(メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る