名将・木内監督が逝く…仁志敏久氏が語っていた人間的魅力

公開日: 更新日:

 名将が逝った。

 茨城の取手二、常総学院を率いて春1度、夏2度の甲子園優勝を果たした木内幸男元監督が24日、肺がんのため取手市内の病院で亡くなった。89歳だった。

 春夏合わせて甲子園に出場すること22回。歴代7位の通算40勝(19敗)を挙げた。大胆な選手起用、采配は「木内マジック」と呼ばれ、高校球界に一時代を築いた。

 安藤統男元阪神監督、西武の松沼博久、雅之兄弟、島田直也現常総学院監督、日本ハムの金子誠コーチら多くのプロ野球選手も育てたが、中でも「親以上の存在。自分のすべて」と言うほど大きな影響を受けたのが、来季からDeNAの二軍監督就任が決まった仁志敏久氏(49)だ。

 1987年の夏の甲子園。常総学院に入学したばかりの仁志氏は、15歳の1年生ながらチームの主軸に抜擢され、木内監督とともに準優勝旗を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る