陸上・田中希実 東京五輪入賞は「歩幅と持久力」がカギ

公開日: 更新日:

田中希実(21歳・陸上女子5000m)

 母の千洋さんによれば、小学校の徒競走やリレーではいつもビリ。「変な走り方だね」と笑ってしまうようなフォームだったというが、それが東京五輪で世界の強豪と争うまでになった。

 2019年世界選手権(ドーハ)は決勝へ進み、日本歴代2位の15分0秒01をマークして14位。「東京五輪も入賞は厳しい」との声もある。元日本陸連の強化委員長や副会長などを歴任、選手時代はメキシコ、ミュンヘン五輪5000、1万メートル代表の澤木啓祐氏が言う。

「3000メートル(8分41秒35)と1500メートル(4分5秒27)の記録からも、5000メートルの自己記録(15分0秒01)は容易に更新できる。12月の日本選手権では3000メートルから4000メートルが2分56秒、4000メートルから5000メートルは2分51秒。国際レースに通用するぺースに上げた。男女の5000メートルはラスト勝負になることが多い。五輪のメダル争いは14分20秒台。14分40秒前後なら入賞の可能性はある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    SMAPで男性アイドルがバラエティー本格進出 事務所の革命

もっと見る