森会長の女性&タレント軽視発言 米紙は「辞任求める声も」

公開日: 更新日:

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が立て続けに無神経な暴言を吐き、国内外で批判が高まっている。

 3日、都内で開かれたJOC臨時評議員会で、スポーツ庁の主導により競技団体で女性理事の任用が進められていることに触れ、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。誰かが手を挙げるとみんな発言したがる」と露骨な女性蔑視発言をした。

 これに対し、海外メディアも呆れたような反応をしている。米紙ニューヨーク・タイムズは、発言を受け、ネット上で森の辞任を求める声が強まっていると紹介。「東京五輪の主催側は開催反対論やコストに加え新たな怒りに直面している」と報じた。

ロンブー田村淳は聖火ランナー辞退

 一方、これとは別の森の暴言を受け、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が3日、自身のユーチューブチャンネルで聖火ランナーを辞退したと発表した。

 田村は、森の「新型コロナウイルスがどういう形だろうと必ずやる」という発言を批判。さらに「(観客が集まらないように)有名人は田んぼを走ったらいいんじゃないか」との“タレント蔑視”発言を受け、「タレントは身を引くべきだと感じました」と辞退の理由を説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る