羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

スポーツ界での不適切発言に思う プロのあるべき姿とは?

公開日: 更新日:

 メジャー4勝を含む米ツアー7勝のブルックス・ケプカが、先週の「フェニックス・オープン」最終日に5打差をひっくり返す逆転劇を見せて、2年ぶりに優勝しました。

 2018年2月に左手首を負傷し、翌19年には左ひざ手術を受けるなど故障に悩まされました。

 昨シーズンは13試合しか出場できずポイントランキングは104位に低迷。今年に入って出場した「アメリカン・エキスプレス」「ファーマーズ・インシュランス」も連続予選落ち。そんな不振を吹き飛ばす快進撃を3戦目のフェニックスでやってのけたわけです。

 試合後にケプカは謙虚さと忍耐力の重要性を語りましたが、何勝もしているベテランでさえ勝利から遠ざかると精神的な負担が大きく、苦しかったのだとわかります。

 ケプカは米ツアーでは飛ばし屋のひとりですが、ここ数年で若手プロが勢いをつけています。パワーゲームだけでなく正確性や安定感も求められており、飛距離のアドバンテージだけではなかなか勝てなくなっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る