日ハム吉田は紅白戦好投も…一軍ローテ定着に足りないもの

公開日: 更新日:

 キャンプ初のアピールとしては十分だ。

 7日、日本ハム吉田輝星(20)が、実戦初登板。紅白戦で2回を1安打無失点、2三振に抑えた。

 この日のMAXは146キロ。「球速はあまり気にしてないけど、全然ダメ。結構腕を振ったつもりだけど、もっと(球速が)出てもおかしくなかった」とは本人。

 スライダーとフォークで三振を奪ったことは収穫としながらも、「真っすぐでいつでも低めギリギリに投げられるようにならないといけない」と語った。

 今オフはエースの有原がポスティングでレンジャーズに移籍。ただでさえ駒不足の先発陣から、計算できる投手が1人いなくなった。目下、計算の立つ先発は上沢とバーヘイゲンくらい。ローテ入りを狙うには絶好の機会だ。

 ある球団OBは「課題は本人も自覚しています」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る