権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

臨時コーチは「いいとこ取り」…今年は元大物選手が4人も

公開日: 更新日:

 プロ野球のキャンプ報道を見ていると、「臨時コーチ」の文字がやたらと目につく。今年は特にそうだ。ヤクルトに“ID野球の申し子”古田敦也阪神に“バントの神様”川相昌弘、中日に“ミスタードラゴンズ”立浪和義、ロッテには“平成唯一の三冠王”松中信彦が参加。球史にその名を残す大物が熱心に選手を指導するさまは、メディアにとって格好のネタになるからだろう。

 彼らの経験、技術が選手に還元されればいいと思うが、既存のコーチは複雑ではないか。プロ野球選手はシーズンでの成績がすべてで、キャンプはその準備段階に過ぎない。投手はブルペンで気持ちよく腕を振り、打者はフリー打撃で気持ちよく打球を飛ばす。なんのプレッシャーもかからない今の段階で正直、コーチの出番はない。

 サバイバル競争となる実戦に入り、相手投手や打者と対峙したときに、いかにして練習通りの力を発揮させてやるか。コーチの仕事はそこに集約されるが、臨時コーチはその最も大事なことには関わらない。アドバイスをして一時的にでも選手の調子が上向けば、臨時コーチのおかげ。シーズンで結果が出なくても、責任を追及されることはない。結果によってユニホームを脱がされる既存コーチにしてみれば、本音は「臨時コーチはいいとこ取り」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る