元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

<広島編>経営は火の車…クラウンドファンディングで支援を

公開日: 更新日:

 城福浩監督体制4年目を迎える広島。ここまで2、6、8位と順位を落としてきた。2021年は優勝しかない。そのためにも昨季46得点の攻撃を強化し、37失点の守備を強固にする必要がある。鹿児島キャンプでは松本、磐田、山形のJ2勢に完勝。良い仕上がりで27日の開幕・仙台戦を迎える。

「仙台の手倉森誠監督は策士。臨機応変な対応をして貪欲に勝ち点3を追い求める姿を見せたい」

 23日の公式会見で城福監督は目をギラつかせて言った。就任1年目は好発進しながら川崎に王者をさらわれ、2年目の19年も序盤首位につけながら失速。3年目の昨季も頂点をつかめなかった。

 鹿児島キャンプでの練習試合3戦では、大願成就できそうなチーム完成度の高さを見せつけた。

 6日の松本戦は8―1で圧勝。敵将の柴田峡監督が「質と頭の回転の速さが違う。プレスをかけにいってもワンタッチするだけの彼に流れを変えられてしまう」と大黒柱MF青山敏弘の仕事ぶりを絶賛。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る