元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

<C大阪編>香川や南野の系譜に連なるFW中島元彦に今季注目

公開日: 更新日:

「シーズンを通して常に攻撃的に戦う」

 8年ぶりにセレッソ大阪に復帰したクルピ監督は力強く宣言した。2017年度に天皇杯とルヴァン杯を制した尹晶煥監督、19、20年にJ1で5、4位の好成績を残したロティーナ監督の守備重視路線からの進化は成功するのか。

「尹さん、ロティーナの守備を継続しつつ、レビーの攻撃サッカーが融合できれば一番いい」

 今季から新たに3年契約を結んだ主将MF清武弘嗣が言うように、セレッソは強固な守りと華麗な攻撃をあわせ持つ集団への転換を図っている。

 1月31日から2月13日までの宮崎キャンプではトレーニングマッチ4試合を消化。最初の徳島戦を見ると、清武やMF坂元達裕ら昨季の主力がそろって出場した前半は完成度の高さを印象付けたが、新戦力中心の後半はもろさも感じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る