レアルとバルサが弱体化 スペイン凋落で欧州勢力図激変か

公開日: 更新日:

 スペインのレアル・マドリードが、日本時間25日午前5時にキックオフされた欧州CLラウンド16でイタリアのアタランタと対戦。1―0の辛勝に終わったことでスペインサッカーの凋落(ちょうらく)ぶりを印象付けてしまった。

 前半17分、アタランタMFの一人が退場処分を受けて数的優位となったレアルは、同38分から2分間で連続4本のシュートを放つなど一方的に押しまくる。が、得点は後半41分になってから。

 それも左利きの左SBメンディが、ゴール正面から<味方もビックリの右足>で蹴り込んだのが奏功。アタランタの選手たちは虚を突かれ、一瞬足が止まってしまった。

 勝つには勝ったが、かつて<銀河系軍団>と呼ばれて栄華を誇ったレアルも、ついにCLでは優勝候補に挙げられなくなった。同じスペインのバルセロナにしても、CLのラウンド16でフランスのパリSGに1―4の大惨敗を喫している。

 このバルサとレアルの弱体化が、そのままスペインサッカー全体のレベルダウンを強調することになった。近い将来、欧州サッカー全体の勢力図が、大きく様変わりするかも知れない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る