元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

<清水編>日本代表GK権田ら強気の補強で名門復活もくろむ

公開日: 更新日:

 コロナ禍で経営難に苦しむJクラブが多い中、清水は運営母体企業・鈴与のバックアップを得て強気の補強に打って出た。昨季C大阪をACLへ導いたロティーナ監督を招聘。日本代表GK権田修一ら実績のある面々を加えて名門復活をもくろむ。

「このクラブがこの位置にいるのはおかしい」と権田は語気を強めた。サッカー王国・静岡を代表する「オリジナル10」が2020年は16位に甘んじたからだ。最後にタイトルを取ったのは01年天皇杯で、16年には史上初のJ2降格。「今季こそは上位浮上」。これがクラブ全体の共通認識だ。

■再生請負人

 ロティーナ監督は、一昨季から2年指揮したC大阪で5、4位と順位を上げた。名将を引っ張った大熊清GMが現在、清水GMを務めている関係もあり、移籍話はスムーズにまとまった。名将の秘蔵っ子のDF片山瑛一も引き入れ、強固な守備組織構築は順調である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る