元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

<徳島編>入国できず新外国人監督不在のまま前代未聞の挑戦

公開日: 更新日:

 コロナ禍の新規入国制限措置で、最も深刻な影響を受けた。今季7年ぶりのJ1参戦を果たすも、ポヤトス新監督が来日できず、27日の開幕・大分戦の指揮を執れないのだ。「チーム一丸となって前に進んでいる」と甲本偉嗣コーチは言うが、果たして……。

 1月25日から2月7日の宮崎キャンプ。指揮官不在の徳島が手探り状態でチームづくりに挑んでいた。4日のC大阪戦は、ロドリゲス前監督時代のボールを支配するスタイルで戦って1―2で敗れたものの、大きな混乱は見られなかった。

「毎日、スペインにいる監督、マルセルコーチ、日本のスタッフでオンラインミーティングを重ねています。最近は監督と選手がオンラインで直接話す形も増えていて、ポジション別の意思疎通の場も設けています」と甲本コーチは説明する。今季加入した2019年U―20W杯出場のFW宮代大聖、20年U―19代表のMF藤田譲瑠チマが「監督不在の不安は感じていない」と口を揃えるなど、想定外の苦境を全員で乗り越えようという強い意思が見て取れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る