高梨4大会ぶり納得の銀 北京五輪は“円熟25歳”で「金」期待

公開日: 更新日:

 ノルディックスキーの世界選手権(ドイツ・オーベルストドルフ)は日本時間4日未明、ジャンプ女子個人ラージヒル(HS=137メートル)決勝を行い、高梨沙羅(24)が1本目126メートル、2本目134メートルを飛び、合計287・9点で2位。2013年イタリア・バルディフィエメ大会以来、4大会ぶりの銀メダルを獲得した。

 追い風が吹く悪条件の中、2本ともまとめた高梨は「こっちで一番のジャンプができた。反省点もあるが、手ごたえを掴むことができた」と、満足そうに振り返った。

 来年2月開幕の北京五輪には3大会連続の出場が有力視される。3度目の大舞台で悲願の金メダル取りを目指すが、選手として最高の状態で五輪本番を迎えることになりそうだ。女子ジャンパーは25歳前後で選手としてのピークに達するとみられているからだ。

 14年ソチ五輪で正式種目に採用されて歴史が浅いため、選手の数は限られるものの、ソチ大会金メダルのカリーナ・フォークト(当時22=ドイツ)は、25歳で出場した17年世界選手権(フィンランド・ラハティ)で個人ノーマルヒルを制して以降、W杯で2位が最高。18年平昌五輪銀メダルのカタリナ・アルトハウス(24=ドイツ)は昨季以降、国際大会では芳しい成績を残せず、すでに旬を過ぎたともっぱらだ。

 今年の10月で25歳になる高梨は今大会のノーマルヒルで3位に入り、今季のW杯は優勝3度と上り調子。万全の状態で本番に臨みさえすれば、金メダルを期待できそうだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る