スキー世界選手権 日の丸飛行隊復権の鍵はレジェンド外し

公開日: 更新日:

 ノルディックスキー世界選手権(ドイツ・オーベルストドルフ)ジャンプの団体種目が日本時間27日未明の女子を皮切りに、男女混合(29日)、男子(3月7日)の3種目が行われる。

 2022年北京冬季五輪では、過去3個メダルを獲得している男子に加え、新たに正式種目に採用された混合で表彰台の期待がかかる。特に前回の平昌大会で6位に終わった男子は、14年ソチ大会(銅)以来のメダル獲得を目指している。

 18―19年のW杯個人総合王者でエースの小林陵侑(24)に加え、今季は佐藤幸椰(25)がW杯で2度の頂点に立って飛躍を遂げた。小林、佐藤の2トップ中心に臨むことになるが、2人に次ぐ選手の力不足は否めない。

 そこで、代表入り(4人)のチャンスが十分にあると踏んでいるのだろう。W杯最年長表彰台記録(44歳9カ月)を持つレジェンドこと葛西紀明(48)も、9度目の五輪出場に色気を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る