有名無実で問われる大関の存在意義 いまだ揃って安泰なし

公開日: 更新日:

 大関が「無用の長物」の代名詞となる日も近そうだ。

 場所前に鶴竜、3日目から白鵬が休場した3月場所。横綱不在の本場所を盛り上げてしかるべきは3人の大関陣なのに、9日目が終わって大関陣全員が安泰の日はいまだゼロなのだ。

 22日は朝乃山(27)、貴景勝(24)は勝ったものの、正代(29)は黒星。大栄翔の回転の速い突っ張りに何もさせてもらえず、あっさり押し出された。大関の誰かが負ける日が続いている。

 言うまでもなく大関は横綱に次ぐ序列2位。そりゃあ、負けが込む場所もあるし、歴代大関陣の成績を眺めても「常に優勝争いを演じていた」者はひとりもいない。

 横綱不在となれば話は別だが、今の大関陣から自分たちが角界を背負うんだという気概や意欲は感じられない。朝乃山と貴景勝は仲良く3敗で並び、正代は5敗とカド番の足音が聞こえつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  8. 8

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  9. 9

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る