羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

メジャーVのタバタナキトは323y 女子プロもパワーの時代に

公開日: 更新日:

 高校3年生の梶谷翼(17)が今週のマスターズ会場で行われた第2回「オーガスタ・ナショナル女子アマ選手権」に勝ちました。それも2打差5位発進からタフな18ホールをパープレーで回り、首位に並びホールアウト。そしてプレーオフを制しての逆転劇です。

 いまのジュニアは世界を相手にいろんな経験を積んでおり、ゴルフに集中できる環境にあります。

 若くてプレーは思い切りがよく、体をつくってスコアをまとめる力もある。

 大舞台での勝利は素晴らしいキャリアであり、彼女にとっても自信になり、これから先も楽しみなプレーヤーです。

 また同世代に与える影響も大きい。梶谷に負けないよう、早く追いつきたいと相乗効果も生まれます。「私も」と多くのジュニアの目標になり、勇気を与える快挙はわが国ゴルフ界にとって明るいニュースだといえます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る