阪神矢野監督は藤浪嫌い?好投でも継投策裏目で勝ち星逃す

公開日: 更新日:

 またも、勝ち星をつけられなかった。

 阪神藤浪晋太郎(26)が2日の中日戦に開幕戦以来、2度目の先発登板。5回2失点で降板した前回登板以上に落ち着いた投球を見せ、6回まで99球を投げ、1失点と好投していた。すると矢野監督は六回で藤浪を降板。継投策に出たが、これが裏目に。七回こそ岩貞が抑えたものの、八回にはセットアッパーの岩崎ではなく、加治屋がマウンドへ。アッサリと同点に追いつかれると、続く小林も大島に逆転の適時打を浴び、ジ・エンド。最終的に八、九回の2イニングで大量5点を奪われ、痛恨の逆転負けを喫した。

 阪神は昨年、救援防御率がリーグトップの3.39を誇ったものの、勝ちパターンの一角を担ったエドワーズは助っ人の出場枠の問題で二軍調整中。この日八回に岩崎を“温存”したのは、1日の広島戦で1回31球を投げたことを考慮したようだが、この日の藤浪なら七回まで引っ張れたのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

もっと見る