五輪選手ワクチン優先接種 真にアスリート・ファースト?

公開日: 更新日:

 これが菅政権の考える「アスリート・ファースト」ということなのか。

 政府が東京五輪・パラリンピックに出場する日本代表選手に対し、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を検討している、と共同通信が報じた。

 政府が公表しているワクチン接種の優先順位は現在、医療従事者や高齢者、持病のある人――となっているが、今月12日から始まる高齢者分の接種が終わる前に選手へのワクチン接種を開始し、6月下旬までに2回の接種を終わらせる日程を想定しているという。

 輸入ワクチンの確保もままならない中、今の接種状況では東京五輪の開催は難しいと考えたのだろう。だが、高齢者どころか医療従事者の接種さえも終わらない中、それらのワクチンを選手に振り向けて優先的に使うという考えは果たして適切と言えるのか。


 ネット上でも、<聖火リレーと同じ。何が何でも五輪を開きたいがゆえの世紀の愚行><五輪優先接種がなければ、おじいちゃん、おばあちゃんも亡くならずに済んだかもしれない最悪の事態が起きるかも>といった批判の声が続出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る