北朝鮮に急所を突かれ…東京五輪に忍び寄る“不参加ドミノ”

公開日: 更新日:

「あの国にしては珍しくマトモなことを言ったものだから驚きましたよ」

 こう話すのはスポーツファンの吉川潮氏(作家)だ。

 北朝鮮のオリンピック委員会は東京五輪・パラリンピックへの不参加を決めた。5日、現地メディアが報じた。

 独裁国家の北朝鮮は日本との関係が悪く、五輪不参加に、政治的思惑がないとも言えない。しかし、「悪性ウイルス(新型コロナウイルス)から選手を守るため」という理由は非の打ちどころがないものだ。

 北朝鮮は名指しで日本の検疫体制に文句を言っているわけではない。あくまで「悪性のウイルス感染症による世界的な公衆衛生危機の状況から選手を守るため」と、世界中でまん延している新型コロナへの不安を理由にしている。

■再び感染拡大

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る