“何から何まで”の慶応ボーイ・佐藤翔馬が200m平で五輪切符

公開日: 更新日:

 2位の武良竜也の右手をがっしり握り、歓喜の表情を浮かべているのは、7日の競泳・日本選手権男子200メートル平泳ぎ決勝で優勝した佐藤翔馬(20)。

 世界記録に0秒28及ばなかったものの、2分6秒40の日本新記録。このレースで3位だった渡辺一平の日本記録を4年ぶりに更新する泳ぎで初の五輪切符を獲得した。

「最初から最後まで自分のレースをすると決めていた。周りは全然、見えてなかった。自分でも驚くほど平常心で臨めたし、結構、いいタイムが出るんじゃないかと思っていた」とはレース後の本人だ。

 都内港区出身。父親まで4代、医師が続く家系に生まれた。幼稚舎から大学まで慶応という生粋の「慶応ボーイ」。現在は大学3年生だ。

 大学1年のときに出場したジャパンオープンは2位。このときは予選終了後に学校で授業を受け、戻ってから決勝に臨んだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る