“10度目”松山2位タイ発進 課題のパット冴え7mイーグル奪取

公開日: 更新日:

【マスターズ】第1日

 タフな設定のメジャー大会はピンチをパーで切り抜けて、数少ないバーディーチャンスを決める戦いが鉄則であり、世界のトッププロですらホールアウトするまで気が抜けない我慢が強いられる。

 マスターズに8年連続10度目の出場とコースを知り尽くす松山英樹(29)は69で回り、3アンダー2位タイの好スタートを切った。

「流れが悪くなりそうなところでパーパットが入ってくれた」(松山)と、かねてネックと指摘されたパットが冴えた。

 2番パー5の6メートルバーディーパットを沈めると、パーオンを逃した5番4メートル、6番3メートルのシビアなパーパットを入れてピンチをしのいだ。

 すると8番パー5は2オンに成功し、7メートルのイーグルパットを放り込み3アンダー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  4. 4

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  7. 7

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  8. 8

    ワクチン国内開発の遅れをワクチン訴訟のせいにするな

  9. 9

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  10. 10

    鷲見玲奈に熱愛報道 “スキャンダルで焼け太り”の魔性体質

もっと見る