六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

なでしこジャパン「替えのきかない6選手」とは誰のこと?

公開日: 更新日:

 なでしこジャパン(FIFA世界ランク10位)が、2021年4月の国際親善試合でパラグアイ代表(47位)とパナマ代表(59位)と対戦。いずれも7ー0の大差で勝利して格の違いを見せ付けた。

 パナマ戦後の会見では外国人記者が「五輪のライバルであるオーストラリア(7位)は、ドイツ(2位)と対戦した。次の試合はどういう相手とやりたいか」と質問した。

 これに対し、なでしこジャパンの高倉麻子監督は「2チームとも遠くから来てくれて感謝でいっぱいです」と謝辞を述べながら「五輪を考えるともう少し上のランクとやらないといけないが、こうした状況でヨーロッパから来る、行くのは難しい状況です」と苦しい胸の内を明かした。

 東京五輪では男子も女子も「金メダル」を目標に掲げている。しかし、もし五輪が2020年に開催されていたらーー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る