鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ1年ぶりの国際試合で若手選手の奮闘ぶりを見た!

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンの約1年ぶりの国際試合(8日のパラグアイ戦)を見ながら「代表歴20試合以下の選手」の奮闘ぶりにいたく感じ入った。

 代表19試合目のMF杉田妃和(24)は中盤左サイドから中央、右サイドから前線までアグレッシブに動き回り、チームを活気づけていた。

 代表デビュー戦の右MF北村菜々美(21)もスピードがあるし、上下動のタイミングも良い。トップ、右SB、ボランチとの連係もうまくこなしていた。2人とも五輪本大会に必要な選手だ。 

 2011年W杯優勝メンバーで主将のCB熊谷紗希(30)は今回、所属クラブ(仏リヨン)の都合で合流できなかった。

 チームの大黒柱である熊谷のペアは誰が務めるのか、彼女の後継者は育っているのか――と注意深く見させてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る