鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ1年ぶりの国際試合で若手選手の奮闘ぶりを見た!

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンの約1年ぶりの国際試合(8日のパラグアイ戦)を見ながら「代表歴20試合以下の選手」の奮闘ぶりにいたく感じ入った。

 代表19試合目のMF杉田妃和(24)は中盤左サイドから中央、右サイドから前線までアグレッシブに動き回り、チームを活気づけていた。

 代表デビュー戦の右MF北村菜々美(21)もスピードがあるし、上下動のタイミングも良い。トップ、右SB、ボランチとの連係もうまくこなしていた。2人とも五輪本大会に必要な選手だ。 

 2011年W杯優勝メンバーで主将のCB熊谷紗希(30)は今回、所属クラブ(仏リヨン)の都合で合流できなかった。

 チームの大黒柱である熊谷のペアは誰が務めるのか、彼女の後継者は育っているのか――と注意深く見させてもらった。

 代表13試合目のDF南萌華(22)は、開始6分にMF杉田の右クロスのこぼれ球に好反応。右足を豪快に振り抜いて代表初ゴールを決めた。

 その南とCBのコンビを組んだDF宝田沙織(21)は、代表4試合目にして初先発となった。もともとFWだった宝田は後半7分にチーム4点目の起点となり、同18分には自陣からロングパスを放ち、エースFW岩渕真奈(28)のゴールをアシストした。代表生き残りをかけて昨年、DFに転向したばかり。DFとしての将来性は十分にある。一層の精進を望む。

 杉田は14年のU-17女子W杯(コスタリカ)の優勝メンバー。北村、南、宝田は18年U-20女子W杯(フランス)で優勝を経験している。

 ベテランとU-17、U-20のW杯組たちが有機的に絡み合い、なでしこを強くしてもらいたい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す