マルセイユ酒井9年ぶり日本へ 浦和移籍に森保監督はご満悦

公開日: 更新日:

 仏1部マルセイユの日本代表右SB・酒井宏樹(31)が、9年ぶりに日本に帰ってくる。

 2012年に柏からドイツに移籍し、16年からフランスでプレー。14年ブラジルW杯メンバー、18年ロシアW杯に出場したバリバリのレギュラーが、Jリーグで大暴れしてくれるのである。「これに森保代表監督はご満悦です」とサッカー関係者が続ける。

「森保監督は、24歳以下の東京五輪代表に年齢制限なしのオーバーエージ(OA)3人枠を使うつもりでおり、選ぶにあたって『まずは守備を強固にしたい』と周囲に話している。念頭にあるのはイタリアCB吉田麻也(32)、ドイツ守備的MF遠藤航(28)、そして右SB酒井の3選手です。これまでドイツFW大迫勇也(30)の五輪代表入りが有力視されていたが、今シーズンは低調なパフォーマンスに終始。森保監督は今年に入った時点で見切りをつけ、守備系選手3人をOA枠に起用することに決めていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る