FW鈴木優磨が注目の的 大迫越えで五輪代表大抜擢はあるか

公開日: 更新日:

 ベルギー1部シントトロイデン所属のFW鈴木優磨(25)の今シーズン終了後の動向が注目されている。今季17点をマーク。「ゴール前でポストプレーをこなしながら果敢にシュートを放ち、サイドからチャンスメークもできる。万能タイプのストライカーです。ベルギーで20ゴールに近い数字を挙げているストライカーが、欧州5大リーグの関係者から注目を集めるのは当然です」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

 1996年4月26日生まれ。25歳になったばかりだ。鹿島のジュニアユースからユースに昇格して2015年にトップチームとプロ契約を交わした。

 身長182センチ、体重75キロ。フィジカルに恵まれた決定力の高い点取り屋として18年アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇の立役者となった。同大会でMVPを獲得したことで海外志向を強め、19年7月にシントトロイデンに完全移籍。今季17得点の大ブレークで「ドイツ、フランスの複数チームが、シントトロイデンにアプローチをかけている」と現地メディアが報じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る