FW鈴木優磨が注目の的 大迫越えで五輪代表大抜擢はあるか

公開日: 更新日:

 ベルギー1部シントトロイデン所属のFW鈴木優磨(25)の今シーズン終了後の動向が注目されている。今季17点をマーク。「ゴール前でポストプレーをこなしながら果敢にシュートを放ち、サイドからチャンスメークもできる。万能タイプのストライカーです。ベルギーで20ゴールに近い数字を挙げているストライカーが、欧州5大リーグの関係者から注目を集めるのは当然です」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

 1996年4月26日生まれ。25歳になったばかりだ。鹿島のジュニアユースからユースに昇格して2015年にトップチームとプロ契約を交わした。

 身長182センチ、体重75キロ。フィジカルに恵まれた決定力の高い点取り屋として18年アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇の立役者となった。同大会でMVPを獲得したことで海外志向を強め、19年7月にシントトロイデンに完全移籍。今季17得点の大ブレークで「ドイツ、フランスの複数チームが、シントトロイデンにアプローチをかけている」と現地メディアが報じている。

「鈴木は、18年ロシアW杯後に日本代表に招集されたが、ケガによって辞退している。それから代表レベルの実力がありながら、なかなか代表招集のタイミングが合わなかった。ロシアW杯後、森保監督からコンスタントに呼ばれていたら、FW大迫勇也(30=ブレーメン)に代わるワントップとして代表に定着し、東京五輪のオーバーエージ(OA)枠の有力候補のひとりになっていたと思います」(前出の六川氏)

 今後も鈴木の動きから目が離せない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情