オリ交流戦Vの裏にドラフトと育成 “本家”日ハムとの違いは

公開日: 更新日:

 11年ぶり2度目の交流戦優勝を決めたオリックス。13日は広島をサヨナラで下し、引き分けを挟み連勝は6。いつの間にか首位・楽天とのゲーム差は2まで縮まった。

「ウチは日本ハムがそうだったように、ドラフトと育成のチームづくりを目指します」

 2019年6月に就任した福良GM兼編成部長は親しい人にこう言っている。

 以前のオリックスは豊富な資金力をバックにFAなどで選手をやみくもに補強してきた。結果として若手が成長する機会をそぐことになり、チームは低迷した。日ハムで長らくコーチを務めた福良GMは当時の経験をもとに、ドラフトと育成に舵を切ったのだ。

 GM就任以降、2年間のドラフトは計11人中7人が高校生、計14人と育成契約を結んでいる。今季は19年のドラフト1、2位で指名した高卒2人が急成長。1位の宮城は6勝(1敗)、防御率2.31(13日現在いずれもリーグ2位)、2位の紅林は遊撃のレギュラーに定着した。ドラフトで指名した高校生が育ち、チームを活性化した。

 ちなみに、「ドラフトと育成」では“本家”の日ハムは19年以降のドラフトで計13人を指名、そのうち高校生は3人だけだ。即戦力であるはずの大学、社会人を山ほど補強しながらリーグ最下位に低迷している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る