巨人に不吉にはデータ…交流戦負け越しシーズンはV率0%!

公開日: 更新日:

 セ・パ交流戦を7勝8敗3分けで終えた巨人原辰徳監督(62)が「甲子園の決勝戦のような気持ちで全員いった」と13日のロッテとの最終戦に臨んだが、エース菅野が3回途中4失点でKO負け。3年ぶり6度目の負け越しとなり、12チーム中9位に沈んだ。貯金20としている首位阪神とは今季最大の7ゲーム差に引き離された。

 巨人にとって交流戦は、セ・リーグのペナントレースで上昇するためのイベントだった。2012年からのリーグ3連覇時を見ると、12年17勝7敗で1位、13年は13勝10敗1分けで3位、14年は16勝8敗で1位。原監督が3度目の就任となった19年にリーグ優勝を果たした際も、11勝7敗で最終戦まで交流戦の優勝を争う3位と健闘していた。セで唯一2度の優勝経験があり、交流戦を苦手とする広島や阪神といったライバルを蹴落とし、リーグ優勝につなげてきた歴史がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  9. 9

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る