著者のコラム一覧
藤井瑞希バトミントン選手

1988年、熊本県出身。青森山田高3年時に1学年後輩の垣岩令佳とダブルスを組み、インターハイ優勝。シングルスと団体も制し、25年ぶりの3冠達成という快挙を果たした。垣岩と出場した2012年のロンドン五輪女子ダブルスで銀メダルを獲得。日本バドミントン史上初となる表彰台に立ち、「フジカキ」として一躍脚光を浴びた。19年に引退。東京トリップ所属。

フジガキのコンビネーションが合い始めたのは本番の1年前だった

公開日: 更新日:

 バドミントンに限らず、ペアを組む競技はお互いの相性が重要です。

 競技生活を振り返ると私は、パートナーに恵まれました。高校の後輩である令佳はひとりの人間として好きでした。昔から気が合って、現役時代にケンカしてペアを解消したとしても、引退後は仲良く付き合えると思っていました。

■「解散した方がいいのかな」

 コート上で主導権を握っていたのは年上の私でした。私たちの目標はロンドン五輪出場で一致していたとはいえ、2人の性格の違いに随分と悩みました。私はメンタルが強い方で気持ちで引くことはなかった。一方、令佳は私よりも闘争心がありながら、1つのミスを引きずって3~5点を取られてしまうタイプでした。殻に閉じこもって自分で自分を追い詰めることも多かった。

 私は2人で五輪を目指しているのだから、先輩、後輩関係なく、意見を出し合ってペアを築きたいと考えていました。「令佳と私の意見をすり合わせて、いい方向に向かおうよ」と口を酸っぱくして言ってきましたが、令佳の答えは決まって「先輩だから言いづらい」。

 令佳のことはひとりの人間として大好きなので、ケンカしたくはありません。これ以上、衝突して関係が悪くなるのを避けたかったため、「解散した方がいいのかな?」と話したこともありました。

■監督にダブルス転向を直訴

 2人で目指すと決めた以上、途中で投げ出すわけにはいきません。ロンドン五輪出場は使命だと位置付けていました。実はルネサスの今井彰宏監督(当時)からはダブルス転向を反対されていたのです。今井監督は私をロンドンはシングルス、リオはダブルスで出場させようという青写真を描いていたようですが、セカンドキャリアを考えれば私に残された時間は少ない。何よりも、2種目を並行して練習すれば、どちらも中途半端になるのが嫌でした。監督にはダブルスに専念させてくれるよう、頼み込んで納得してもらったのです。自らダブルスを志願しただけに、簡単に諦めるわけにはいきませんでした。

 令佳とかみ合ってきたのはオリンピックレース(世界ランキングによる選考期間2011年5月2日~12年4月29日)が始まる頃だったと思います。ペア結成してから3年ぐらいかかりました。

 もっとも、高校からペアを組んでいる選手が多い中、本格的にダブルスに取り組み、わずか3年で五輪まで出場するのはかなり珍しいケースです。私たちはお互いに技術が不足し、一人一人の力は0.8ずつしかないけど、フォローし合って2にしようと取り組んできたことが結果に結びついたと思います。

 そして令佳同様、高校の同級生には、わたしにとってかけがえのない存在がいます。 =つづく

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 4

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 5

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  1. 6

    陸上1500m田中希実が5連覇で五輪切符獲得 7位ドルーリーは肉体的課題で「パワフルさに欠ける走り」

  2. 7

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  3. 8

    古賀紗理那はパリ五輪後に欧州で現役復帰? 年俸は億単位確実、夫の西田有志にも好都合

  4. 9

    レジェンドが徹底解説!男子体操エース橋本大輝が抱える「唯一の懸念材料」と新星・岡慎之助の潜在能力とは

  5. 10

    セルビア「監督、主力不在」の不気味…今夜の対戦で女子バレー日本代表は“丸裸”にされる

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで