白鵬の12連勝を支えてしまった対戦相手“無策玉砕”の不甲斐なさ

公開日: 更新日:

 強い――というより、相手が弱すぎるだけだ。

 初日から12連勝と波に乗る横綱白鵬(36)。15日は御嶽海を相手にすらせず、いとも簡単に寄り切った。

 まさに快勝に次ぐ快勝だが、今の土俵で目立っているのは白鵬の力量ではなく対戦相手の不甲斐なさだ。

 この日の白鵬は常套手段の張り手をせず、「攻めより守り」と言わんばかりの立ち合い。一方の御嶽海は横綱を警戒しすぎたのか、持ち味の強い当たりは鳴りを潜め、正直に組み合ってしまった。こうなると、技術で勝る白鵬に勝てるわけがない。

 御嶽海は四つでも強いとはいえ、そもそも押し相撲の力士。白鵬は今場所通じて自分から攻めておらず、受け身の相撲が目立っていた。そんな横綱に自分から四つ相撲を挑んだのだから、負けて当然と言えよう。

 白鵬の連勝は対戦相手の無策にも支えられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る