競歩・鈴木雄介を“殺した”ドーハの酷暑 まさかの五輪辞退

公開日: 更新日:

 本人の落胆は計り知れない。

 東京五輪男子50キロ競歩代表の鈴木雄介(33)がコンディション不良のため代表内定を辞退。22日、所属先の富士通が発表した。補欠の勝木隼人(30)が入れ替わりで代表に内定した。

■慢性疲労で断念

 所属先によれば、2019年世界陸上(ドーハ)の同種目で金メダルを獲得以降、特に20年度に入り回復力の低下が著しく、大会出場を控えて復調を図ってきた。今年の春先から練習を再開したものの、高負荷のトレーニングができず、残された期間で目標とする結果を得るための状態まで仕上げていくことは困難と判断し、出場辞退の決断に至ったという。

 陸連の強化委員長時代、競歩のジュニア選手を強化し、現在の「競歩王国」の礎を築いた澤木啓祐氏(元陸連専務理事)はこの日、鈴木に電話で話を聞いたという。「病院で血液検査を受け、股関節の故障歴があるので整形外科ではレントゲンも撮った。慢性的な疲労感の原因は見つからなかったそうです。来年の世界選手権(米国・オレゴン)には出る、と言ってました。復活を願うばかりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る