松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ケンカを見せ物に…白鵬コミッショナーによるモンゴルプロレス、あんた見たいかい?

公開日: 更新日:

 名古屋場所中、白鵬が思ったことを本人の日記風に。

「場所前。進むか退くかを世間から迫られて、止まるか、という逃げの一手も打っておいた。とりあえず土俵に上がってみよう」

「初日2日目。逃げ回ったら相手が先にコケた。白鵬というよか薄氷だな」

「3日目以降。みんなビビッている。時間いっぱいでホオ! と気合を入れて塩に戻り、振り返ると、どいつもこいつもキンタマが縮み上がるのが分かる。立ち合いひっぱたくとすっ飛んで逃げる」

「全勝で10日目。タマ付いてんのかヨ。張り手にビビって棒立ち。しめしめ!」

「14日目。正代、下がって仕切ったら目も合わせねえ。怯えてやがる。お? 幕内全員、理事長も、協会も、なんたら審議会も。NHKも。なんだ、どいつもこいつも、ビビってる。お~~~~し!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る