貴源治の大麻使用は貴乃花部屋の「負の遺産」…クビは免れず

公開日: 更新日:

 角界に激震が走った――と言いたいところだが、力士の名を聞けば「さもありなん」だろう。

 20日、相撲協会は十両貴源治(24)の大麻使用を発表した。力士の間で「アイツは大麻をやってる」というウワサが執行部の耳に入り、18日に本人に聴取。当初は「大麻成分入りのオイルを使っている」と話していたが19日の尿検査で陽性反応が出たことで観念。7月場所中、路上で大麻入りのたばこを吸っていたことを認めた。

 それにしても、また「元貴乃花部屋力士」による不祥事だ。2018年3月には貴源治の双子の兄である貴ノ富士(当時は貴公俊)が、本場所中に付け人を殴って血だらけに。あろうことか、弟子の貴ノ岩が被害者だった日馬富士による暴行事件で、貴乃花親方が協会にやいばを向けている最中の事件だった。同年には、その貴ノ岩が移籍先の千賀ノ浦部屋(現常盤山部屋)で付け人を殴ってクビ。さらに貴ノ富士は19年にも付け人に暴行し、角界から追放された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る