五輪後半戦、米メディアが「イチャモン」から「イケイケ」に転じた謎解き

公開日: 更新日:

 オリンピックは後半戦に突入。米国は現在、獲得したメダルが59個で国別ではトップに立っている。

 そうなればもう、これまでやたらとコロナ禍でのオリンピック開催や金権まみれの大会運営、IOC会長を「ぼったくり男爵」(ワシントン・ポスト紙)と呼ぶなどいちいちケチをつけていたメディアの報道もすっかり息を潜め、競技を伝える記事にはイケイケ感が漂っている。

 そんな中、たまたまスイッチをつけて見たNBC(オリンピック放映権を持つ全米3大ネット局のひとつ)の「The Tоday Shоw」という朝のバラエティーショー。出演者は皆日本に行っているらしく、東京のスタジオで繰り広げられる“おバカ”の入ったトークショーなのだが、この日は4人の出演者がバスに乗ってコロナ禍の東京の街に繰り出すという演出だった。

 車窓に見える東京タワーに大はしゃぎ、渋谷の交差点では道ゆく人に手を振り、振り返され、またそこでは世界で一番忙しいと言われるスターバックスからそこにしかないオリジナルのドリンクを出前で注文し、うまいうまいと。その後は浅草の浅草寺に向かい、そこでも着物姿の2人の日本人女性に和菓子の出前を注文し、またしてもうまいうまい。決して誰もバスから降りないところが、東京が緊急事態宣言下であることを見る側にほのめかすと同時に、はしゃぎながらも実はしっかりとコロナ禍を警戒する米国人の“狡猾さ”が見え隠れする。ま、それはともかく、このオリンピックを存分に楽しもうということなのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”