東京五輪ほぼ収穫なし スカウトの評価を上げたのは巨人のメルセデスだ

公開日: 更新日:

 日本が全勝で金メダルを獲得した五輪の野球は、米国にいる我々メジャー球団のスカウトもテレビ観戦した。

 結論から言うと、収穫はほとんどなかった。つまり五輪が終わった段階で、かつての田中(現楽天)やダルビッシュ(現パドレス)のような大型契約を保証できそうな選手はひとりもいないということだ。

 投手ではソフトバンクの千賀、野手では広島の鈴木が最大の注目選手だった。

 千賀は春先に左足首の靱帯を損傷。160キロ超のストレートに加えて落差の大きなフォークがある。潜在能力が高いのは分かっているだけに、問題はケガの影響というか後遺症だ。7月上旬に復帰して自己ワーストの10失点。五輪では決勝も含めた米国との2試合に登板して無失点だったものの、計3イニングのリリーフ登板だけでは正当な評価はできない。状態はまだ万全ではないのだろうし、五輪終了後の二軍戦で打ち込まれたと聞いた。

 鈴木は予選リーグで力みまくり。4番打者の重圧があったのかバットを振り回していたが、米国戦で本塁打を打って吹っ切れたのだろう。決勝戦ではコンパクトなスイングでつなぎの打撃を心掛けていた。とはいえ、五輪の成績が18打数3安打(.167)というのはいかにも物足りない。今季の前半戦は打率.306、15本塁打。後半戦は打率も本塁打も抜けた数字を残してもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?