山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神伝統の愛されキャラが現役引退 俊介外野手のセカンドキャリア

公開日: 更新日:

 阪神俊介外野手が今季限りで現役引退することを発表した。近畿大学から2009年のドラフト5位で入団以来、ずっと若虎みたいな不思議な空気感をまとっていた選手だったが、早いもので12年の月日が流れた。

 今年34歳。若返りが著しい現在の阪神では糸井嘉男に次ぐ年長選手となった。結局、一度も外野のレギュラーになることはなかったが、阪神ファンにとってはずっとおなじみの顔だった。

 俊介といって最初に思い出すのは、ドラフト指名から入団までのゴタゴタ(詳細割愛)と、入団時に与えられた背番号が7だったことである。虎の背番号7とは、かつて真弓明信や今岡誠がつけた出世ナンバーだ。

 ドラフト5位の大卒外野手に7番が与えられるなんて、一部ファンがざわついたことを覚えている。先述のゴタゴタが関係している……なんて臆測も飛び交い、ルーキーをヤジる声もあった。

■外野のスーパーサブ

 そんな雑音の中、ルーキーイヤーの俊介はいきなり124試合に出場するなど上々のデビューを果たした。しかし、そのほとんどは代走や守備固めなどの途中出場だったため、外野のレギュラーとして規定打席に達したわけではなかった。ルーキー・俊介は確かに一軍の戦力にはなったが、その一方で将来の主軸になれるようなスケールの大きさを感じさせるものがあったわけではなく、そこそこ俊足堅守で、打撃もそこそこの、まさに「外野のスーパーサブ」を予感させるものだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?