巨人菅野復活も、エース頼みでV争いは危険な賭け…他の先発9月0勝の元凶に「中5日」説

公開日: 更新日:

 苦しんでいた巨人のエースが復活した。19日の阪神戦で7回5安打1失点。5勝目(6敗)を挙げた菅野智之(31)である。

 これで9月は4戦3勝。今月に入って原監督が「中5日は当たり前」と号令をかけ、先発投手の登板間隔が1日詰まった影響か、菅野以外の山口、戸郷、高橋、メルセデスの4人は9月に入って勝ち星がない。21日の広島戦に先発する山口は、7月7日の中日戦以来、白星から遠ざかり、自身4連敗中。今季4度の登録抹消を経験し、苦しんでいた菅野が“一人勝ち”となっているのだ。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘する。

「戸郷(8勝6敗)とメルセデス(7勝2敗)もそうだけど、先発陣の中で唯一ローテを守り続けている勝ち頭(10勝5敗)高橋の疲労の色が濃いのが気になります。下半身に粘りがなくなり、球持ちが悪くなると、変化球が見極められてしまう。先発陣が1勝もしていないのは、中5日の間隔のせいじゃないかと思えてならない。ここにきてエース菅野が立ち直ってきたのは朗報だが、まだ完全には本来の投球には戻っていないだけに、なおさらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!