馬場皐輔が持つ周囲を驚かせる独特な世界観、縦スライダー愛から「@tatesura」

公開日: 更新日:

馬場皐輔(4年目・投手・26歳)

「東北の子だけど、関西で馴染めるのか?」

 熱狂的なファンやメディアが取り巻く阪神から2017年ドラフト1位で指名されると、所属していた仙台大周辺では、こんな声があった。

 同大野球部の森本吉謙監督は「それでも私はまったく問題ないと思っていました」と、こう続ける。

「本人は不本意かもしれませんし、直接話したことがないとピンとこないかもしれませんが、独特な世界観を持っている子なんです。大学入学前に当時の仙台育英高の佐々木順一朗監督から『馬場ワールドがある』と聞いていたくらいですから(笑い)。入学早々のリーグ戦で、ピンチの時にリリーフとしてマウンドへ送り出した時のこと。たしか……デビュー戦だったかな。きちんと抑えてベンチに戻ってくるなり、ニコニコしながら『いやぁ、大変でしたよ~!』と。普通なら、『良い経験になった』など模範解答みたいなものが返ってくるものですが、馬場はどこか一味違うんですよね。だから、人気球団の阪神でもブレることなくやってくれるだろうなと思っていました」

 仙台育英高3年時、春、夏と甲子園に連続出場した同級生の福田義基さんも、恩師と似た印象を抱いている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情