著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

白熱した試合でヤクルト日本一! セ・リーグも(ハラキョジン以外)やればできるじゃないか

公開日: 更新日:

 今年の日本シリーズ。東京五輪の割り込みをモロに食らい、寒波襲来で選手に防寒、鼻までトックリ覆面みたいなものをかぶせて野球をやらせるのは拷問に近い仕打ちだったろうに、白い息を吐きながらも白熱した熱戦で実に実におつかれさん!

 ワタシが見ていたのは全6試合を完全中継したNHK・BS。加入していないファンも多かったかもしれないが、実況アナも「スワローズとバファローズの日本シリーズ」と呼んでいたのがよかった。

 いまだに「ヤクルトオリックス」と社名で呼ぶ時代遅れな民放もあるが、実業団じゃあるまいし、よしてもらいたい。親会社はしゃしゃり出ないのがいい。

 近くのスーパーで「祝日本一!」というノボリを立ててヤクルト商品のセールをやってたが、そのノボリだって、「祝」の字の下に、紐を引いたらパンとテープが飛ぶ、ホレ、あれなんちゅうの? あ、クラッカー、そうそう! あれがパンと紙吹雪を噴いた絵が染めてあったり、なんだか手作り感満載でな。

 いまどきクラッカーの絵なんざ、SNSで誕生日の友だちにおめでとうと打ち込むと添えられるイラストぐらいなもんでな。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路