中尾孝義
著者のコラム一覧
中尾孝義元プロ野球選手

1956年2月16日、兵庫・北条町(現・加西市)生まれ。滝川高─専大─プリンスホテル。80年ドラフト1位で中日入団。1年目から正捕手として82年のリーグ優勝に貢献してMVP。88年オフに交換トレードで巨人へ。89年に日本一。92年に移籍した西武で93年に現役引退。3球団で日本シリーズに出場。走攻守三拍子揃ったプレースタイルで、「捕手の概念を覆した捕手」と言われた。引退後は西武、オリックス、阪神などでコーチなどを歴任。2009年から16年まで阪神スカウト。17年3月に専大北上高監督に就任。18年春、秋に東北大会に進出。19年11月に退任した。

「おまえはキャッチャーはクビや!」星野監督に外野コンバートを通告された

公開日: 更新日:

 浜松でのヤクルト戦で、先発の鈴木孝政さんとバッテリーを組んでいた私は、直球が走っていたにもかかわらず、投手コーチに言われるがままに変化球を要求。荒井幸雄にチェンジアップを本塁打された。

 指示通りなのに、ベンチでそのコーチに「中尾、なんで真っすぐが走っているのに変化球を投げさせたんや! リードミスや!」と大声で言われ、カチンときた。

 収まりがつかない私は試合後、就任1年目の星野仙一監督の宿舎の部屋へ行き、「あのコーチに『変化球を多く投げろ』と言われたんです。あの人がコーチじゃ捕手なんてやってられません」と直談判すると、腕組みをしながら、こう言うのだった。

「分かったから、もうそれ以上は言うな」

 その年は捕手を続けたものの、翌1988年の春季キャンプで、星野監督にこう通告されることになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”