敵同士が試合中にジャンケン…星野監督なら即2軍落ち通告

公開日: 更新日:

 信じられない光景だった。

 7月26日のソフトバンク対日ハム戦の4回裏のことだ。内野安打で出塁したソフトバンクの川島慶三内野手が2塁盗塁を試みたものの、あえなくタッチアウト。この判定にソフトバンクの工藤公康監督がリクエストを要求。審判団がビデオ検証を行い、判定するまでの間、2塁ベース付近で川島選手と日本ハム杉谷拳士内野手が突然、ジャンケンを始めたのだ。

「アウトかセーフかジャンケンで決めよう」

 そんな軽い気持ちだったのかもしれない。

 そのシーンはテレビで中継され、ネット上の動画でも拡散されているのだが、2人の行為は厳密にいえば、野球規則に抵触する恐れがある。

<プレーヤーの禁止事項の6.04>の<(b)ユニフォーム着用者は、次のことが禁じられる>にはこうある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る