六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

戦火のウクライナと軍事侵攻のロシアに思うこと(上)

公開日: 更新日:

 2月24日以降、ロシア軍の軍事侵攻によって戦時下体制を強いられているウクライナ。

 日本を含めて欧米諸国の厳しい非難と制裁を受けながらもロシアのプーチン大統領は、戦闘を継続してウクライナに「降伏」を迫っている状況が、メディアを通して伝えられている。

 サッカー界ではFIFA(国際サッカー連盟)とUEFA(欧州サッカー連盟)が協議を行った結果、ロシア代表およびロシアのクラブチームに対して「FIFAとUEFAが主催する全ての国際主要大会への出場を停止する」ことを決めた。

■ロシアのカタールW杯出場はなくなった

 日本がカタールW杯アジア最終予選でオーストラリアと戦う3月24日には、W杯欧州予選のプレーオフが予定され、ポーランドはロシアと対戦することになっていた。

 しかしポーランドだけでなく、同じプレーオフB組のスウェーデンとチェコもロシアとの試合を拒否し、同国を除外するよう求めていた。

 今回の決定でカタールW杯が無事に開催されても、ロシアの本大会出場の可能性はなくなった。

 そしてロシア国内リーグの強豪スパルタク・モスクワも、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でライプツィヒ(ドイツ)と対戦する予定だったが、この試合も今回の措置によってスパルタク・モスクワのEL出場は認められなくなった。

 テレビ、ネットなどから目や耳に入ってくるウクライナを思いを寄せる。もちろん一日も早い停戦とロシアのウクライナからの撤退が待たれる。

 2005年10月に短期間ながらもキエフに滞在したこともあり、首都キエフがこれ以上、戦火に追われることにならないように祈らずにはいられない。

ロシアのカタールW杯出場はなくなった

 日本がカタールW杯アジア最終予選でオーストラリアと戦う3月24日には、W杯欧州予選のプレーオフが予定され、ポーランドはロシアと対戦することになっていた。

 しかしポーランドだけでなく、同じプレーオフB組のスウェーデンとチェコもロシアとの試合を拒否し、同国を除外するよう求めていた。

 今回の決定でカタールW杯が無事に開催されても、ロシアの本大会出場の可能性はなくなった。

 そしてロシア国内リーグの強豪スパルタク・モスクワも、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でライプツィヒ(ドイツ)と対戦する予定だったが、この試合も今回の措置によってスパルタク・モスクワのEL出場は認められなくなった。

 テレビ、ネットなどから目や耳に入ってくるウクライナを思いを寄せる。もちろん一日も早い停戦とロシアのウクライナからの撤退が待たれる。

 2005年10月に短期間ながらもキエフに滞在したこともあり、首都キエフがこれ以上、戦火に追われることにならないように祈らずにはいられない。

キエフでジーコ・ジャパンの敗戦を見届けた

 2005年10月12日、欧州遠征に出掛けたジーコ監督率いる日本代表は、キエフでウクライナ代表と対戦した。現地取材に赴いた筆者にとって決戦の地・キエフの街並みは今でも鮮烈な思い出として残っている。

 キエフの象徴として紹介されることが多い「独立記念塔」は、ドニエプル川西岸の高台にあり、いつも多くの人で賑わっていた。

 いくつもの噴水がある独立広場は、キエフ市街地の中心にある。この独立広場を見下ろすように建っている「ウクライナ・ホテル」に宿泊した。11階建て・全378室を誇る老舗ホテルは、旧ロシアから営業しているホテルらしく、各階のエレベーターを降りると通路の中央にセキュリティー担当の女性コンシェルジェが座っており、いつも厳しい顔つきをしていた。

 ウクライナとのテストマッチに臨んだジーコ・ジャパンは中田英寿中村俊輔柳沢敦や高原直泰ら主力メンバーで臨んだものの、終盤のMFアンドレー・フシンのPKによるゴールで0ー1と敗れた。 

 マッチアップを楽しみにしていたFWアンドリー・シェフチェンコら主力選手は、日本戦の4日前に行われたアルバニア戦に出場して初のW杯出場(ドイツ大会)を決めたばかり。日本戦は欠場したのは残念だった。

「ウクライナの矢」と言われたシェフチェンコはイタリア・ACミラン時代の2004年にドール(欧州年間最優秀選手賞)を受賞。引退後にはウクライナ代表監督としても2020年EUROでチームをベスト8に導いた。

ウクライナ協会職員チームと親善フットサル

 今回のロシアの軍事侵攻に対しては「国民と私の家族が攻撃にさらされている。ウクライナ国民は平和と領土の保全を求めている。どうか私たちの国を支援し、ロシア政府に彼らの侵略と国際法違反を止めるよう呼びかけてください」と訴えた。 

 キエフに滞在した10月は予想以上に寒く、ショッピングセンターでダウンを買ったこと、ウクライナ風ボルシチが美味しかったこと、あと日本のメディア陣チームとウクライナのサッカー協会職員チームが親睦フットサルをやった。

 いつもはフィールドプレーヤーとしてボールを追い掛けているが、この時はGKを務め、試合後にMVPに選ばれて記念のキャップをプレゼントされた。

 そんな懐かしい思い出が彼の地にはある。

 キエフ市内には、ソフィア大聖堂や聖ミハイル修道院といった歴史的建造物も多く、これらが戦禍に見舞われないように祈るばかりである。=つづく

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?