ソフトバンクが波に乗れない本当の理由…得意の交流戦で凡ミス目立ち貯金増やせず

公開日: 更新日:

 交流戦でやたらと凡ミスが目立ったのがソフトバンクだ。

 5月24日のDeNA戦では三塁を狙った三森がヘッドスライディングを敢行するも、滑り過ぎて全身がベース上を通過してしまう珍しい“オーバーラン”。当然、憤死である。

 今月5日の中日戦では左翼のグラシアルが緩慢送球の隙を突かれ、失点。さらに12日のヤクルト戦でベテランの松田が一塁で牽制死。タイミングはセーフでも、立ち上がって塁に戻る一瞬、体がベースから離れてしまい、一塁手のオスナにタッチされた。

 ソフトバンクは過去、交流戦で8度優勝。通算219勝135敗18分けと、セをお得意さまにしていた。それが今季は9勝9敗と貯金を増やせなかった。

 ソフトバンクとヤクルトでコーチ経験のある飯田哲也氏は「確かにイージーミスですが」と、こう続ける。

「松田のケースは珍しい例。完全にセーフのタイミングだったので、まさかタッチされるとは思ってなかったのでしょうけど、あれはやってはいけないプレーです。同点の三回、無死の場面でのミスだったので、流れが悪くなったのは否定できない。ただ、ソフトバンクに殊更ボーンヘッドが多いわけではない。他のチームも結構あります。負けているから目立っているだけですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方