ソフトバンクが波に乗れない本当の理由…得意の交流戦で凡ミス目立ち貯金増やせず

公開日: 更新日:

 交流戦でやたらと凡ミスが目立ったのがソフトバンクだ。

 5月24日のDeNA戦では三塁を狙った三森がヘッドスライディングを敢行するも、滑り過ぎて全身がベース上を通過してしまう珍しい“オーバーラン”。当然、憤死である。

 今月5日の中日戦では左翼のグラシアルが緩慢送球の隙を突かれ、失点。さらに12日のヤクルト戦でベテランの松田が一塁で牽制死。タイミングはセーフでも、立ち上がって塁に戻る一瞬、体がベースから離れてしまい、一塁手のオスナにタッチされた。

 ソフトバンクは過去、交流戦で8度優勝。通算219勝135敗18分けと、セをお得意さまにしていた。それが今季は9勝9敗と貯金を増やせなかった。

 ソフトバンクとヤクルトでコーチ経験のある飯田哲也氏は「確かにイージーミスですが」と、こう続ける。

「松田のケースは珍しい例。完全にセーフのタイミングだったので、まさかタッチされるとは思ってなかったのでしょうけど、あれはやってはいけないプレーです。同点の三回、無死の場面でのミスだったので、流れが悪くなったのは否定できない。ただ、ソフトバンクに殊更ボーンヘッドが多いわけではない。他のチームも結構あります。負けているから目立っているだけですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?