渋野日向子に足りない「気持ち切り替えスキル」 T・ウッズがヒントとメンタルトレーナー

公開日: 更新日:

 7日に閉幕した全英女子オープンの渋野日向子(23)は、通算9アンダーで首位に1打差まで詰め寄ったがプレーオフに進めず3位。日本人初のメジャー2勝目は持ち越しとなった。

 渋野は2019年の全英に勝って以後、海外メジャーのベスト5は今回が3度目だ。20年全米女子OPは2打差4位。今年のシェブロン選手権も4打差4位だった。

 この3大会は、いずれも4日間のうちに一度は首位を経験している。先週の全英は初日に65と爆発し単独首位発進。コロナ禍で12月開催となった20年全米女子OPは2日目に2位に3打差をつけた。今年のシェブロンも2日目に66をマークし、単独首位に立っている。

 逆に、この3大会は4日間のうち必ずオーバーパーがある。全米女子は3日目、4日目にスコアを落とし、シェブロンは3日目に大きく崩れた。今回の全英も2日目は2オーバー。それぞれ優勝スコアとは2打差、4打差、1打差。タラレバではあるが3大会ともオーバーパーのラウンドがなければ勝っていた。

 海外メジャーで4日間とも好スコアをマークするのは難しい。だが、渋野にはそれができる力がある。今年のシェブロンも3日目の77で首位から21位まで急降下しながら、最終日はこの大会で2度目の66を出して4位まで盛り返している。こうなると技術よりメンタルに問題があるのではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも