スイング改造中の渋野日向子は「パーオン率」アップなるか…お手本は古江彩佳

公開日: 更新日:

【HSBC女子世界選手権】第1日

「アジアのメジャー」と呼ばれる今大会。日本勢は笹生優花(21)が首位に3打差5アンダー2位、古江彩佳(22)が4アンダー3位と好発進。渋野日向子(24)は、2バーディー2ボギーのイーブンパー36位。WOWOWのインタビューでは「チャンスが少ない中でイーブンパーで回れたのは良かったとは思うけど、パーオンがすごく少なかった(18ホール中12ホール)ので、ロングパットが残ることが多く、難しい一日だった」と語った。

 渋野は今季、横振りのスイングを縦振りへ改造中だ。未勝利に終わった昨季のパーオン率(69.37%=71位)アップを目指す。ピンを狙うショットがグリーンをキャッチしなければスコアを伸ばせず、「寄せワン」狙いではメンタルのエネルギーも消耗する。

 パーオン率を上げるにはドライバーショットをラフに曲げては厳しい(昨季FWキープ率77.26%=41位)。新スイングはまだ身についておらず、ボールは左右にバラつく。スイングが固まってくれば数字は良くなるだろうが今季中に間に合うのか。

 昨季までの横振りでも、メジャーのシェブロン選手権(4位)やロッテ選手権(2位)、全英女子オープン(3位)では優勝争いに絡んだ。

「小学校の頃はソフトボールで活躍し、米女子ツアーでも身体能力は屈指でしょう。幼少の頃からゴルフ一本の選手とは異なる天才肌ということを、昨年のプレーを見て改めて感じた。ただし、優勝争いから突然スコアを崩したり、その逆もあったりと、ジェットコースターといわれる不安定なゴルフを本人は望んではいない」(ツアー関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路