MGCでのパリ五輪代表は“真の実力者”か…一発勝負選考を陸連自画自賛も東京五輪では惨敗

公開日: 更新日:

 来年のパリ五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権が懸かった国内指定大会は12日で全日程を終了。出場権を得たのは男子62人、女子29人。今後は5月末までの海外大会などの記録で新たに出場権を獲得する可能性はある。

 過去、五輪マラソンの代表(男女各3枠)選考はよく揉めた。異なる条件の大会覇者を比較するのだから当然だが、その教訓から生まれたのがMGCだ。

 指定大会で条件をクリアした者が一堂に会する「一発勝負」で、上位2人が即代表に内定するわかりやすい選考は誰もが望んでいたもの。前回のMGCは大いに盛り上がり、陸連は「大成功」と自画自賛した。

 残り1枚の代表切符は、MGC後に行われる指定大会で男子2時間5分49秒以内、女子2時間22分22秒以内の派遣記録を突破したものが選ばれる。記録に届かなかった場合はMGC3位の選手が代表入りする決まりだが、男子は2020年の東京マラソンで大迫傑が2時間5分29秒の日本記録で代表になり、女子は一山麻緒が同年の名古屋で女子単独レースの日本新記録(2時間20分29秒)で切符を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる