NPBと選手会は相談窓口設置を検討「安楽事件」未然に防ぐために必要だったもの

公開日: 更新日:

 1日に行われた、NPBとプロ野球選手会の事務折衝。当然、楽天安楽智大(27)の事件が議題に上がり、今後は複数の相談窓口の設置を検討していくことになった。

 安楽に殴られた、陰湿なイジメを受けた、罰金を取られたなど、球団に被害を訴えた選手は10人。さらに40人が安楽の愚行を見聞きしていたことも明らかになっている。

 選手会の森事務局長は相談窓口について「NPBに作るのが一番いいが、(窓口は)多ければ多いほどいい」と話している。

 果たして窓口ができると、何が変わるのか。野球と同じか、それ以上にイジメや暴力などが多いとされている大相撲は2014年、新公益財団法人移行に伴い、不祥事通報窓口を協会内に設置した。

 古株の角界OBは「それだけではいわゆる、イジメや後輩いびりは減りませんよ」と、こう続ける。

「もちろん、何かあった時のために相談窓口を設けるのは良いことです。むしろ、今までプロ野球にそうしたものがなかったのが意外ですが……実際、大相撲でも『兄弟子にこんなことをされた』とか、親方が『ウチの部屋でいじめがあったが、どうすればいいのか』と報告してくることもあった。そのたびに協会は本人や周囲に事情聴取してきた。窓口があったから協会が問題を把握し、表面化する前に解決できたケースも少なくない。ただ、これでイジメや暴力がなくなるわけじゃない。協会に連絡が行くのは大体、被害にあった側が『もう我慢できない』と大ごとになっている時がほとんどですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ