横綱曙も一大勢力に苦しんだ…伊勢ケ浜部屋はかつての二子山部屋のようになれるのか

公開日: 更新日:

 4月上旬に54歳で死去していたことが明らかになった第64代横綱曙さん。この外国人初の横綱を苦しめたのが、当時、角界随一の勢力で知られていた二子山部屋だ。

 1990年代の二子山部屋は目もくらむようなスター揃い。ただでさえ、前身の藤島部屋時代から若貴兄弟に加え、貴ノ浪や貴闘力、安芸ノ島が在籍していたところにもってきて、93年に二子山部屋を吸収合併したことで勢力を拡大した。

 最盛期は若乃花、貴乃花の兄弟横綱に、大関貴ノ浪がいて、関脇は貴闘力、安芸乃島、若翔洋。小結に隆三杉、三杉里、浪乃花、平幕は豊ノ海(番付はいずれも最高位)。彼ら10人が同時に幕内にいたこともあったのだから、対戦相手もたまったものではない。彼らを向こうに回して11回優勝した曙さんは凄まじいが、当時は他の部屋の力士からは、「同部屋対戦がないから、二子山部屋の力士はいいよな」なんて、やっかむ声もあったほどだ。

 そこに行くと、現在の伊勢ケ浜部屋も負けてはいない。3月場所は横綱照ノ富士を筆頭に、翠富士、錦富士、熱海富士尊富士と幕内に5人。尊富士は110年ぶりの新入幕Vを達成するなど、若手も伸びてきている。次の5月場所は宝富士の幕内復帰が濃厚で、6人となる計算だ。さらに一時的とはいえ今回、宮城野部屋の力士を受け入れたことで、さらなる勢力拡大の兆候もある。こちらも十両の伯桜鵬など、将来が期待されている力士が少なくない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!