オイルマネー侵食の懸念…LIV組の優勝阻止失敗ならますます世界ランキングは形骸化

公開日: 更新日:

【マスターズ】2日目

  ◇  ◇  ◇

 初日7アンダーでトップに躍り出たB・デシャンボー(30)は、前日以上の強風が吹いたこの日はスコアを1つ落とし、通算6アンダーでトップタイにいる。デシャンボーは圧倒的な飛距離を武器に2020年の全米オープンに優勝。今回は2つ目のメジャータイトルを狙っているが、PGAツアーのメンバーはやすやすと許すわけにはいかないだろう。

 同ツアー8勝のデシャンボーは22年6月、サウジアラビアが資金提供する新ツアーの「LIVゴルフ」と契約。昨年の大会を制したJ・ラーム(29)も12月に電撃移籍。2位タイのP・ミケルソン(53)とB・ケプカ(33)、4位P・リード(33)と、LIV組が上位を占めた。

 ゴルフライターの吉川英三郎氏が言う。

「当初PGAツアーはLIVゴルフに強い敵意を持ち、ウッズやマキロイも批判的でした。その考えは基本的に変わっていないでしょう。一方、昨年、PGA、欧州、LIVの3ツアー統合の話が突如として発表されたが、簡単に進展するはずもなく、今も契約には至っていない。そのため、LIV組は現在も世界ランキングの対象外のままで、ラームやケプカら、近年メジャーで好成績をあげた者以外、ランクは下位に低迷。過去の優勝者以外は今後、他のメジャーに勝たなければマスターズに出場できなくなるかもしれません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今