伊東純也はJFAの“スポンサー忖度”でTVに映れず…仏で好調も代表入り不可の「ねじれ現象」続く

公開日: 更新日:

 サッカー日本代表は6日、2026年北中米W杯のアジア地区2次予選・第5戦でミャンマーを相手に5-0と圧勝した。

 試合後はにこやかに報道陣に対応した森保一監督に対し、周辺からは「その胸中は複雑だったはず」という声も上がっている。一部週刊誌の性加害疑惑報道を受けて2月に代表チームを離脱した伊東純也(31=スタッド・ランス)の復帰のメドがまったく立っていないからだ。伊東はフランスでは依然としてハイパフォーマンスを披露し、試合後も日本人の報道陣への取材対応もしている。それだけに伊東を呼べないでいる森保監督がもどかしい気持ちでモンモンとしていることは想像に難くない。(【前編】からつづく)

  ◇  ◇  ◇

「伊東の性加害疑惑が表沙汰になっても、JFA(日本サッカー協会)の2大スポンサーであるキリンとアディダスは不問に付したが、代表チームを支援するメジャーパートナー企業6社の中で伊東が公式アンバサダーを務めていたセゾンが過敏に反応。すぐにセゾンの公式ページから伊東純也の関連記事を削除。現在もサイト内で伊東純也と打ち込んで検索をかけても<検索結果0件>のまま。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差